Honey Live at La Forchetta 2009

去る10月17日(Sut)、フォルケッタでは恒例HONEY LIVEが開催されました。
今夜もフォルケッタに集まってくださったお客さまをおもてなしすべく
シェフが腕をふるったビュッフェ料理の数々が並びました。
今日のメニューは・・・
やさいたっぷりイタリアンオムレツ、コンキリエのサラダパスタ、
タコと畑じゃが芋のサラダ、トマトとモッツァレラチーズと菜園野菜のサラダ、白レバームース、
魚介のペンネグラタン、ピッツァマルゲリータ、秋色きのこの塩味ピッツァ、
道産豚バラ煮込みのミッレリーゲ、アンチョビとキャベツのスパゲティ、
畑のとうもろこしリゾット、礼文産しまぞいの香草ソテー、留寿都産もち豚のロースト・・・etc

まずはおなかを満たして・・・。ライブが始まるまでの一コマです。

今回はピアノにアルトサックスにトロンボーンというボリューム満点の編成で
よりパワーアップしたHONEY LIVE
では今夜のメンバー紹介を・・・。
まずはピアノ、板谷大さん。今宵もほわっとあたたかな音色を響かせてくれました。
HONEYさんとの息もぴったりです。

アルトサックスは日暮龍一さん。フォルケッタでのLIVE出演は2回目。
相変わらず渋ぅ~い深みのある演奏♪しびれました~。
初めて出演してくださったのはトロンボーンの菅原昇司さん。
HONEYさんの歌う流暢なポルトガル語のボサノヴァに
菅原さんののびやかなトロンボーンが重なってよりブラジルチック(?!)なステージが完成しました。

そしてヴォーカル、我らがHONEYさん。今日も麗しいですね~☆

ピアノの上に掲げられたHONEY LIVEのサインボードは版画作家眞流さん作。
くまさんがピアノを弾いているモチーフが、なんだか板谷さんの背中とリンクしてマス。
真上からみたステージはこんな感じ。

HONEYさんの歌う軽快なボサノヴァのリズムにお客さまも盛り上がってきましたよ~♪

ではここでこの日演奏された曲名をご紹介します。
1st STAGE
1.GAROTA DE IPANEMA
2.SAMBA DO SOHO
3.AGUA DE BEBER
4.SAMBOU SAMBOU
5.SAMBA DE UMA NOTA SO
6.CHEGA DE SAUDADE
7.MANHA DE CARNAVAL

一見、なんだか馴染みのなさそうな曲ばかりに思えるかも知れませんが
意外と「あ、この曲知ってる!知ってる!」というお客さまも多くいらっしゃいましたよ♪

2nd STAGE
8.もりのくまさん
9.まっかな秋
10.手のひらを太陽に
11.I WANNA BE LOVED BY YOU
12.AMAPOLA
13.MARAVILHA(‘S WONDERFUL)
14.人魚
15.WAVE
16.I FEEL THE EARTH MOVE

2ステージめ、こどもおとなもおなじみの童謡のナンバー、
『もりのくまさん』ではみんなで掛け合いになってノリノリに盛り上がりました~。

『まっかな秋』深まる秋にあらためて聴くと美しい歌だな~と感じました。
ぽろぽろ展(フォルケッタギャラリー作品展)でおなじみの
作家山岸久子さんに描いていただいた歌詞ボードが
雰囲気にぴったりとあっていてとってもすてきでした。

『手のひらを太陽に』では客席にもマイクが回ってきちゃいました。
今日のお客さま、とってもノリが良いです~。

こどもラッパ隊も参戦。

アンコールアンコールの拍手になんども応えてくれました~。
楽しいステージをありがとう~!パチパチパチパチ[#IMAGE|S60#]

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL