La forchettaのBuon Natale 食材編

今年のクリスマスも新鮮安全美味しい食材探しから始まりました。
まずはフォルケッタ厨房に集結した食材たちのほんの一部をご紹介致します。
斜里から届きました幻の鮭、鮭児です。

どーん。
さてこちらの鮭児、一万本に1~2尾の割合でしか獲れないといわれているそうです。
全体像を写真におさめたかったのですが、届いてすぐにシェフにぴゃ~っとおろされて
いたので残念ながらお顔の写真はありません。ん~残念。
しかし斜里からの大物はこれだけではありません。

どーーーん。なんておおきいんでしょ。写っているのはこどもの手ではありませんよ~。
こんなにおおきな蛸が近海にいるんですねぇ。びっくりです。
そして野菜編
フォルケッタも夏場には畑にもハウスにも新鮮は野菜がたっぷりありますが、冬の野菜はたいへん貴重ですね。

江別春日さんの黄金千貫/こがねせんがん」
黄金色で大きいので黄金千貫という名前なのかと思っていたのですが「黄金を千貫積んででも食べたいくらい美味」という謂れもあるようです。
九州名物、芋焼酎に使われることが多いそうで、北海道では珍しいお芋さんです。
見た目はごつごつとしてますが、キメ細やかでやさしい甘みがあります。

新篠津新居さんの「伏せ込みアスパラ」
冬にもぎたてのアスパラが食べられるなんておどろきでしたが、この伏せ込みアスパラ、春に定植した株を晩秋にビニールハウスに移して、冬に向けてたいせつに育てられているそうです。とうもろこしのような強い甘みを持っています。そして根元までとってもやわらか。

江別萩原さんの「チコリ」と「ポロねぎ」
紅白のチコリ、なんだかおめでたいですね。
白いチコリはあっさりとした甘みがありますが、赤いチコリはぴりっと苦味があります。
夏にはフォルケッタの畑でもチコリを育てていました。
収穫時期を過ぎると、ぐんぐん高く伸びて紫色の小さなかわいらしい小菊を咲かせていました。チコリは菊苦菜ともいわれているキク科の植物なんです。

江別春日さんの「ブルーベリー」
黄金千貫と同じく江別の春日さんの育てたブルーベリー。
こちらも大粒ですねー。この大きさは写真で伝わるでしょうか。
まさに巨大。さわやかな甘酸っぱさ。
このほかにも長沼薮田さんの「にんじん」や和寒西川さんのリゾット米、フォルケッタ畑からはえだまめや大豆などなど。すばらしい素材の数々が集まりました。
さてはて、どんなお料理になったのでしょう。次回はお料理編です。

この投稿へのコメント

  1. shinoda said on 2008年12月25日 at 9:58 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちわ!
    まきです^^
    今日のクリスマスディナー凄く楽しみにしてます!
    フォルケッタに行くといつも癒されるので
    今日も期待してますね~

  2. la-forchetta said on 2008年12月25日 at 10:58 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    まきちゃん、こんにちは~!
    毎年ありがとうございます。
    フォルケッタクリスマスも今日がフィナーレ。
    にぎやかで楽しいディナーになりそうですよ。
    期待にこたえられるようにがんばりま~す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL