第4回ぽろぽろ展作家紹介:前編

ただいまフォルケッタエントランスのギャラリーにて
開催中の展覧会のご案内です
フォルケッタゆかりの作家さん達による展覧会『ぽろぽろ展』
今回で4回目を迎えました
回を重ねてますます磨きのかかった
作家の皆さまの会心の作をお寄せいただき
感謝感謝です
写真では実物の迫力や作家さんの息づかい感じていただくのは難しいと思いますが
雰囲気は伝わりますでしょうか
作家さんからいただいた作品へのコメントをお届けします
ぜひご来店いただいて
生の作品をご高覧いただきたいと思います
____________________________________
大北 直子さん『冬の厳冬樹』『吹雪の中を行く』『冬の林にて』
1冬の厳冬樹
朝陽に輝く樹氷、ななかまどが凛として神々しい。
2吹雪の中を行く
吹雪の中、風雪に逆らって、学園中通りを行く学生一人
3冬の林にて
朝の散歩、四季の自然を体感しつつ毎日歩きます。
冬は寒くてつらいですが、白樺通りは輝いています。犬も喜んでいるのです。
____________________________________
山岸 久子さん『春・絢爛』

日本の春の美が、今回のテーマです。
アクリルと前回好評だった「箔ピタ」をふんだんに使いました。
これは専用ののりで描いた後に箔を押し付けて貼ってゆくという手法で、この作業はなかなか楽しいものです。
箔は金とレインボーの2種が市販されています。(プリントゴッコの理想科学より)
もっと様々な色を使ってみたいと思うのですがあまり人気が無いようで知名度も低いのです。
興味のある方は是非、使ってみてください。デコペンなどとはまた違う独特な美しさです。
____________________________________
田中 知樹さん『マイスイートメモリー』『猛虎襲来』

マイスイートメモリー:実は特に想い出はありません。老舗の伝統あるお菓子でありながら、味は進化し続けるという姿勢に頭がさがります。包み紙のメタリックな感じを出すのに苦労しました。
猛虎襲来:非常に小さな入れ物に猛々しい虎のマークという対比が面白くてモチーフとしました。今年は寅年でもありますし。
____________________________________
友紀さん『メトロノーム』

メトロノームの心地好いリズム
春の希望にみちた鼓動のように
真っ白なキャンバスに透明感や光沢感のある素材で表現しました
____________________________________
眞流さん『首と小鳥』

小鳥とこんなふうになかよくなれたらうれしい
窓越しに小鳥を眺めては
一緒に暮らすことは出来ないけれど
いつかもっともっと近づきたいと
小鳥に思いを馳せて小首を傾げて居ります
____________________________________

この投稿へのコメント

  1. kamihimo-farm said on 2010年4月26日 at 1:02 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    まあちゃんコメントメールで送ったのでよろしくどうぞ。
    葛西より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL