トマトいじめ

ここ最近、フォルケッタは蝉の大合唱のランチタイムです。
露地物の野菜たち、じゃが芋をはじめに、ルッコラ、小松菜、つぼみ菜、青梗菜、サラダ菜、ズッキーニ、えだまめに大豆・・・・みんなもっさもっさです(笑)。
毎日収穫する新鮮な間引き菜はスーパーマーケットでは入手できない贅沢野菜だなーとしみじみ感じています。
シェフの丹精込めた料理とともにぜひ野菜そのもののお味もご賞味していただきたいです。

雑草もおなじくらいもっさもさ。丁寧なお手入れが欠かせません。
ビニールハウスでは先日ご紹介したトマトたちがいじめられながらも頑張っています。
いじめられてるって一体・・・?実は先日からトマトたちは「断食」ならぬ「断水」中なのです。
ある一定の時期を迎えるとトマトへの水やりを絶ちます。そうすることによってトマト自らの本来持っている力を最大限に使ってぐんぐん根をのばし細胞が活性化されぐぐぐっと美味しい実になるのだとか・・・。

ほんのり色づいてきた鈴生りのトマトたち。
周りの野菜たちはたっぷり水をもらっているのに・・・と思うとなんだかちょっぴり気の毒に思えてしまいます。

トマトの隣で水をもらってきれいに咲いた茄子の花。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL