薩摩の風

フォルケッタのメニューは九州の旬の素材も豊富です。
というのも当オーナーシェフは鹿児島ゆかりの出身。
先日も潮干狩りで大収穫だったというとても新鮮なアサリや
土と皮のついたもぎたての大きなタケノコがどっさり送られてきました。
そんな九州の旬の味覚はさまざまな料理でお客様に喜ばれていました。
そしてまたこのたびは獲れたて「そら豆」と「薩摩芋」それに「淡竹/はちく」というタケノコがやってきました。

ぷりぷりぴかぴかのそら豆。

皮をむくとおおきなお豆がどっさり。栗のようにほくほくなのです。

こちらが薩摩の「薩摩芋」と「淡竹」
「淡竹」はえぐみが少なく淡白なお味だそうです。どんな料理になるのでしょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL