ぽろぽろ展vol.2作品紹介其の四

ぽろぽろ展vol.2最後の作品紹介となりました。
水彩絵描きでありながら、野幌フォルケッタの建築に関わるお手伝いから
建具什器製作、いろんな分野でお店作りに尽力してくれた
Shiro Ishidaさんです。
フォルケッタには彼の作品がたくさんありますが
ギャラリーとお店の表玄関となります外扉のデザインと製作をご紹介します。
*************************************
作家コメント Shiro Ishida

はじめて店舗のドアを装飾しました。
フォークをモチーフにした取っ手の材は野幌産のななかまどです。
夏の嵐、冬の雪に耐え、永くお客様をお迎えしてくれるよう願っています。


「フォークの扉/Shiro Ishida」
*************************************
続いてぽろぽろ展初参加。
当店のオーナー・シェフでもあります、平田実さんです。
やはり料理人、相当手先が器用です。
さらには細やかな観察眼と独自性によって完成された
初めての木彫り作品「足男」を出品してくれました。
*************************************
作家コメント 平田実
1月2月のお店の準備期間中、スタッフみんなでたくさんの木工作業をしました。
すっかり木彫りにはまってしまいその時に製作した作品です。


「足男/平田実」

*************************************
最後に前回は「ぶたさんとりんご」が好評だった、
フォルケッタの看板娘でもあります平田要さんです。
参加アーティストのなかで最年少(3歳)の要さんですが、
今回も迫力のある作品「いろんないろのおばけたち」と
「にげてるこどもたち」の2作品で参加してくれました。
*************************************
作家コメント 平田要(代理・母)
みんなでお店作りをしている期間に要もなにかやりたくて、はじめて水彩をさせてみました。
いろんな色を混ぜたりして描きました。その中のお気に入り2つです。


「いろんないろのおばけたち/平田要」

*************************************
ぽろぽろ展もあと1週間となりました。
ブログでのご紹介ではすべての作品画像の掲載はできませんでした。
ぜひ生の作品をご覧になって作家さんたちへのご感想や
フォルケッタギャラリーへのご意見などをいただけましたらうれしく思います。
そして参加くださったフォルケッタゆかりの作家の皆様、
すてきな作品をほんとうにありがとうございました。
次回も皆さんにご参加いただき、また新たなご縁での作家さんも迎え
ぽろぽろ展VOL3を開催できましたら幸甚です。

この投稿へのコメント

  1. つち said on 2008年5月4日 at 2:54 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。今回ぽろぽろ展を拝見して、一番印象に残っているのがこの「いろんないろのおばけたち」と「にげてるこどもたち」です。すごい想像力というか感性を感じました。次の作品期待してます。

  2. la forchetta said on 2008年5月8日 at 11:01 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    つちさま
    ご感想ありがとうございます。
    ぽろぽろ展を生で鑑賞していただけてうれしかったです。
    3歳児の無垢さには敵いませんよね。
    きっと次回もインパクトのある作品を出品してくれると思います。
    楽しみにしていてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL